Amazonギフト券の有効期限は10年!延長・復活させるマル秘テクニック

更新日:2020.10.23
投稿

佐々木 鈴音

Amazonギフト券の有効期限は10年!延長・復活させるマル秘テクニック

Amazonギフト券に有効期限があるのはご存知ですか?

直近買ったものや貰ったものなら気にしなくても良いですが、いつから手元にあるのかわからないAmazonギフト券は有効期限を確認した方がでしょう。

もし期限切れのAmazonギフト券があっても捨てないでください!

Amazonギフト券の有効期限は延長・復活させることができます。

ここでは、Amazonギフト券の有効期限や確認方法についてお話しします。

有効期限を延長・復活させるマル秘テクニックもお教えしますので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

Amazonギフト券の有効期限は10年

Amazonギフト券の有効期限は10年

Amazonギフト券にも、他のギフト券と同じように有効期限があり、タイプによって1〜3年と決められていました。

しかし、2017年4月24日からAmazonギフト券の有効期限は一律タイプに関わらず10年になりました。

最近手に入れた方であれば有効期限を気にせずとも問題ありませんが、いつから手元にあるのかわからないAmazonギフト券を持っている方は注意が必要です。

Amazonギフト券のそれぞれの種類の特徴は

にて詳しくお話ししています。

すぐに有効期限を確認することをオススメします。

2017年4月23日以前発行のものは有効期限に1~3年

2017年4月23日以前発行のものは有効期限に1~3年

2017年4月23日以前発行のAmazonギフト券の有効期限はタイプによって違いますが、1〜3年の有効期限となっています。

2017年4月23日以前発行のタイプ別の有効期限は以下の通りです。

ギフト券タイプ有効期限
カードタイプ1年
シートタイプ3年
Eメールタイプ1年
印刷タイプ1年
グリーティングカードタイプ1年
ボックスタイプ1年
チャージタイプ1年
法人向けタイプ2年

有効期限が開始されるタイミングはタイプによって違う

有効期限が開始されるタイミングはタイプによって違う

Amazonギフト券は様々な用途で使われ、タイプによって個人用であったり、プレゼント用であったりします。

有効期限についてはここまでにお話ししましたが、タイプによって有効期限が開始されるタイミングが違いますので確認しておきましょう。

タイプ別の有効期限開始のタイミングは以下の通りです。

ギフト券タイプ有効期限
カードタイプ購入した時点
シートタイプ送信・発送・amazon規定の有効化した時点
Eメールタイプ電子送信された時点
印刷タイプ電子送信された時点
グリーティングタイプ発送時点
ボックスタイプ発送時点
チャージタイプ購入した時点
法人向けタイプamazon規定の送信・発送・有効化した時点
封筒タイプ発送時点
商品券タイプ発送時点

期限が切れるタイミングは最終日の23:59

期限が切れるタイミングは最終日の23:59

有効期限が切れるタイミングは期限最終日の23:59となっています。

有効期限日より前に使えない場合は、不具合の可能性があるのでamazonのカスタマーサービスに問い合わせることをオススメします。

続いてAmazonギフト券の有効期限の確認方法についてお話しします。

超簡単!有効期限の確認方法

超簡単!有効期限の確認方法

「Amazonギフト券の有効期限の確認方法がわからない!」

といった感じで、意外と知らない人は多いようです。

Amazonアカウントに登録済みの場合と未登録の場合で確認方法が違うので、それぞれ説明していきます。

Amazonアカウントに登録済みの場合

Amazonアカウントに登録済みの場合

Amazonアカウントに登録済みの場合は、amazonへアクセスして有効期限を確認します。

Amazonのページ上部にある「ギフト券」をクリック

Amazonのページ上部にある「ギフト券」をクリック

自分のアカウントにログインしておくこと。

ページ左部の「残高・利用履歴」をクリック

ページ左部の「残高・利用履歴」をクリック

ページ中心に、有効期限が近いギフト券の有無が表示される

ページ中心に、有効期限が近いギフト券の有無が表示される

Amazonアカウントに未登録の場合

Amazonアカウントに未登録の場合

タイプによってギフト券本体に有効期限が記載されているタイプと、記載されていないタイプがあります。

ギフト券タイプ記載箇所
印刷タイプ注文番号の下に記載
メールタイプメール内に記載
シートタイプギフト券番号の下に記載
カードタイプ記載なし
グリーティングタイプ記載なし
ボックスタイプ記載なし
カードタイプ記載なし
封筒タイプ記載なし
商品券タイプ記載なし
チャージタイプ記載なし

※グリーティングタイプ、ボックスタイプ、封筒タイプはカードタイプが包装されているだけなので、カードタイプ同様に有効期限の記載なし。

カードタイプやグリーティングタイプ、ボックスタイプ、封筒タイプ、商品券タイプ、チャージタイプの有効期限の確認方法は以下の2つです。

  • Amazonアカウントに登録する
  • Amazonカスタマーサービスに問い合わせる

未登録だとAmazonカスタマーサービスに問い合わせるしか方法はないようです。

Amazonギフト券の有効期限を延長・復活させるマル秘テクニック

Amazonギフト券の有効期限を延長・復活させるマル秘テクニック

「せっかく貰ったけど有効期限が切れてしまった…」

そんな方も多いと思いますが、処分するのはちょっと待ってください!。

Amazonギフト券の有効期限を延長・復活させるマル秘テクニックをお教えするので、1度試してみてはいかがでしょう。

確実に延長や復活ができるわけではないのであらかじめご了承ください。

延長・復活させる手順

延長・復活させる手順

Amazonギフト券の有効期限を延長・復活させる方法は以下の通りです。

Amazonのページ上部にある「ギフト券」をクリック

Amazonのページ上部にある「ギフト券」をクリック

amazonアカウントにログインしてから手順を進行してください。

ページ左下部のAmazonギフト券ヘルプの「ヘルプページ」をクリック

ページ左下部のAmazonギフト券ヘルプの「ヘルプページ」をクリック

ページ左下部の「カスタマーサービスに連絡」をクリック

ページ左下部の「カスタマーサービスに連絡」をクリック

お問い合わせ内容を「その他」を選択

お問い合わせ内容を「その他」詳細内容を「Amazonギフト券」を選択

お問い合わせ内容を「Amazonギフト券」を選択

お問い合わせ内容を「Amazonギフト券」を選択

お問い合わせ方法を「電話・チャット・メール」から1つを選択

お問い合わせ方法を「電話・チャット・メール」から1つを選択

問い合わせ後、amazonから連絡があるのでAmazonギフト券の有効期限延長を願い出る。

延長されるのは1年だけ?

延長されるのは1年だけ?

基本的に延長されるのは1年だけとなっています。

ごく稀に1年のはずが10年延長されたという話を聞きますが、基本的には1年間しか延長されないはずです。

1年も猶予ができたと油断せず、お早めに使ってしまうことをオススメします。

延長・復活を使えるのは1度だけ

延長・復活を使えるのは1度だけ

2017年以降のAmazonギフト券は10年以上の有効期限があるわけですから、そう何度も期限切れのギフト券は見つからないと思いますが、この方法が使えるのは基本的に1度だけだと思ってください。

何度も繰り返し問い合わせると、不正な方法で入手したギフト券だと判断されて、最悪の場合アカウントを停止される恐れがあります。

有効期限間近のAmazonギフト券は現金化が難しい

有効期限間近のAmazonギフト券は現金化が難しい

「Amazonギフト券の有効期限が近いけど、使い道がない…」

使い道がないAmazonギフト券は現金化がオススメですが、有効期限が間近のAmazonギフト券の現金化は難しいです。

たとえ前述の方法を使って有効期限を1年間延長・復活をしても厳しいかもしれません。

試しに買取サイトに申し込んでみてもいいですが、断られることを承知の上でやってみましょう。

もし、どうしても現金化したいならこれからオススメする買取サイトを使ってみてください。

買取セブン

買取セブン
買取率80~90%
入金スピード最短10分
営業時間24時間年中無休
電話番号03-5432-9071
対応ネット銀行楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行

公式サイトはこちら

買取セブンは大手現金化グループが経営しているAmazonギフト券買取サイトです。

買取セブンの特徴は以下の通りです。

  • 振込手数料一律500円
  • カードタイプは金額・買取上限あり
  • 1万円のギフト券から買取可能
  • 100万円以上の高額買取にも対応

買取セブンの特筆すべき点は、他サイトで断られた内容でも買い取ってくれたという口コミが多くあることです。

換金率こそ低いかもしれませんが、有効期限が間近なものなど他サイトで断られて困っている方にはオススメのサイトです。

使う予定のないAmazonギフト券は現金化がオススメ

使う予定のないAmazonギフト券は現金化がオススメ

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は、どのタイプでも一律10年間となっています。

しかし、2017年4月23日より以前のものはタイプによって有効期限が違うので注意が必要です。

amazonにアクセスするか、手元にあるギフト券を見れば有効期限は確認できるので、すぐに確認してみましょう。

もし、お手元に使う予定のないAmazonギフト券があるなら、すぐに買取サイトに申し込んで現金化するのがオススメです。

使わないまま放置するのはもったいないので、当サイトオススメの優良買取サイトで現金化を試してみてください。