クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化でトラブル?!失敗談

更新日:2018.12.03
現金化の体験談

佐藤 隆道

男性がクレジットカード現金化のトラブルで悩む図

こんにちは、元大手クレジットカード会社社員の佐藤隆道です。

今回はクレジットカード現金化にまつわる失敗談を4つご紹介致します。

今クレジットカードの現金化を検討している皆さんはこちらでご紹介する失敗談を踏まえてサービスを利用してくださいね。

クレジットカード現金化の失敗談をご紹介

クレジットカードを使って現金化を行うことは法律上は問題ありませんがクレジットカードの利用規約で禁止されていることはご存知ですか?

また、現金化サービス自体がグレーゾーンに該当する取引であることを利用して、許可を受けずに消費者からお金を騙し取ろうとしている悪徳業者も数多く存在しています。

このように利用規約で禁止されているという事実や、現金化サービスを利用しようとしている皆さんを騙そうと待ち構えている悪徳業者がいることを知らず、何の予備知識もないまま利用して失敗してしまったケースが後を絶ちません。

これから利用を考えている方が失敗することのないよう、私が入手した失敗談をこちらでご紹介致しますので、実際に現金化する前にぜひ一度読んで頂いて参考にしてください。

自分で現金化をした際の失敗談

初めにご自身で現金化をしたことによって、予想していなかった事態になってしまった失敗談を2つご紹介したいと思います。

クレジットカードを使って個人で現金化をする方法をおさらいしておきますと、まず自分で新幹線の回数券やギフト券など換金率が高い商品を購入して、その後買取ショップや質屋などでその商品を売ることで現金を受け取る、という流れです。

一見特に失敗する要素が無いように感じますが、自分で行う現金化には隠されたリスクが存在しますのでこちらの失敗談を参考にして同じような失敗をしないようにして下さいね。

クレジットカードの利用停止になったケース

1つ目の失敗談は結果的にクレジットカード会社から利用を止められてしまったケースをご紹介致します。

先ほどもお話させて頂きましたが、クレジットカードを使って現金化することはクレジットカードの利用規約の禁止事項に該当しています。

つまりクレジットカードを使って現金化したことが何らかの形でクレジットカード会社に知られてしまった場合、ペナルティーとして利用停止や最悪の場合は強制解約という措置を受けることになります。

今回はまさにこのケースだったのですが、どのようにしてクレジットカード会社に知られてしまったのでしょうか?

今回のケースを経験したAさんの行動を辿ってみると、Aさんはある日現金が必要になったものの給料日までまだ時間があるので、業者を通さずに自分でクレジットカード現金化をしようと決めました。
インターネットで検索した現金化方法を参考に、最寄り駅のみどりの窓口でクレジットカードを使って6枚綴りの新幹線の回数券を購入しました。
しかしこの行為がクレジットカード会社が利用停止に踏み切った原因になったのです。

Aさんは普段クレジットカードでの決済はほとんど行っておらず、信用履歴の積み上げがほとんどありませんでした。
たまにクレジットカードで買い物をしても2〜3万円程度の一括決済が関の山。
そんなAさんが急に6枚綴りの新幹線回数券「東京駅〜新大阪駅」を約8万円で購入したために、クレジットカード会社は現金化目的であると判断したようです。

昨今、クレジットカード会社は特に現金化の取引を警戒しているためこのような事例が増えてきているようです。

とんでもなく低い換金率での取引となってしまったケース

2つ目の事例はとんでもなく低い換金率でしか現金化することができなかったケースをご紹介します。

自分でおこなう現金化では、商品を探すところから購入して売るところまで自分で行うのが基本の流れ。

今回のケースの当事者であるBさんは、できるだけ高い換金率になる商品を購入して売却しようと考え、ブランド品を購入することを決めました。
換金率を高くするためにまず安く購入しようと考えて、正規のショップではない店で購入したのですが、その商品が偽物だったのです。

偽物の商品が高く売れるわけもなく、結局買取ショップでは取り扱ってもらえずにフリーマーケットでほぼ無料で譲る結果となってしまいました。

このように、自分で行う現金化では、換金しようとする商品に対しての知識が十分でないと、現金を入手するどころか負債が増えるだけという本末転倒な事態も起こりうるのです。

換金率の高い商品は今回のブランド品のように偽物が出回りますので、現金化する時も自分の知識によほどの自信がない限りは手を出さない方が無難です。

悪徳業者に騙された失敗談

続いては現金化業者を利用したものの、悪徳業者のトラブルに巻き込まれてしまったケースをご紹介致します。

現金化をする前には、数多くいる優良業者に紛れて悪徳業者が存在していることを知り、その見分け方を把握しておくことが肝心です。

クレジットカード情報が不正利用されてしまったケース

3つ目の失敗談は店舗型のクレジットカード現金化業者が悪徳業者で、カード情報を抜き取られて不正利用されてしまったケースをご紹介致します。

皆さんは街中でクレジットカード現金化の広告を見たことはありますか?

今回のケースの当事者であるCさんもこの広告を街中で見付けて利用したことにより、クレジットカード情報を抜き取られるトラブルに巻き込まれてしまいました。

駅前に掲げられた看板を見て店舗型の業者に訪問したCさんは、現金化を希望している旨を申し出て店員から指定された商品を購入するためにクレジットカードを渡しました。
その店員はクレジットカードをスキャンし、Cさんはその商品を再度買い取ってもらって現金を受け取りました。

当日は何の問題もなく現金化ができてご機嫌なCさんでしたが、後日、送付されてきたクレジットカードの明細を見て仰天しました。 カードの明細書にはクレジットカード現金化で使用した額をはるかに超えた、とんでもない金額の請求が来ていたのです。

店舗型の悪徳業者は店の作りも簡易で怪しいとわかることも多いのですが、現金がなくて精神的にも追い込まれていたためか、よほど外面の良い業者だったためか、Cさんは業者の正体に気付くことができなかったようです。

現金化業者の中には個人情報を悪用する悪徳業者がいることを頭に入れていれば、Cさんは今回のような事態は免れることができたかもしれませんね。

業者からの振り込みがなく、連絡がつかなくなったケース

最後のケースはインターネットで全て完結できるネット完結型業者を利用したDさんのケース。

このケースでは、Dさんは現金化の申し込みをしたのにも関わらず現金を受け取ることができず、業者とも連絡がつかなくなってしまいました。

Dさんは現金化サービスを利用するためにインターネットで検索して手続を行いました。

特にクレジットカード現金化について知識が無かったDさんは、よく調べもせずに業者を選んで手続を行いました。 しかし手続をしたにも関わらず、数日待っても指定した口座に振り込まれません。 さすがにおかしいと感じたDさんは、申し込みの時にかかってきた番号に電話をしますがつながりません。

嫌な予感がしてホームページを見て住所を確認しようとしましたが、会社概要のページには住所も代表者名の記載もなく、Dさんは泣き寝入りするしかありませんでした。

悪徳業者の簡単な見分け方に会社情報がしっかりとホームページに記載されているかどうかが判断基準の1つとなります。
このごく簡単な業者の見分け方を知らなかったためにDさんは、悪徳業者の餌食になってしまいました。

申し込みの前に少しだけ公式サイトの情報を確認していればこんなことにはならなかったはずなのですが。

クレジットカード現金化をするなら優良業者を使いましょう

以上、クレジットカード現金化の数多くある失敗談の中から代表的な4ケースをご紹介させて頂きました。

時代とともに巧妙化している悪徳業者の手口によってこの他にも様々な失敗談があります。

しかし事前に正しい知識を身に付けることで避けられることばかりです。

もし、悪徳業者を見分けるポイントがわからないということであれば、こちらで悪徳業者を見分けるポイントを解説していますので、ご参考ください。

現金化サービスを利用しようと考えている皆さんにはこちらのサイトを通して必要な知識を身に付けて頂き、自分で現金化はせず、且つ悪徳業者を避けて優良業者を使うようにしましょう。

トラブルに遭いたくないなら、老舗の『ライフ(LIFE)』をチェック

ライフ(LIFE)

悪徳業者の事例ばかり見ていると、現金化業界全体が非常に危ないものに感じられてしまいますよね。 ただ、何も考えずに利用してしまうと、そうした業者に引っかかってしまう可能性があることも事実です。 しかし、それぞれの業者をチェックする時間がなかったり、どこで判断すればいいかわからないという人もいるでしょう。 そんな方には、換金率が高い現金化業者として定評のある『ライフ(LIFE)』をおすすめいたします。 『ライフ(LIFE)』は最近公式サイトを綺麗にリニューアルしており、合わせて換金率プランも一新されており、心機一転で気合が入っています。