クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

ジオンカードのクレジットカード現金化を徹底調査

更新日:2019.04.05
業者イメージ
換金率70.5〜90.0%
入金スピード最短30分
営業時間10:00〜18:00(平日)
電話番号0120-53-3902
対応ネット銀行対応なし
URL http://zion-card.net/

こんにちは。現金化のプロの佐藤です。
今回紹介するのは、「ジオンカード」
口コミ評判では悪いものが目立つ業者でした。
私が調査した結果でも、おすすめ出来る業者ではありません

ジオンカードは、平成17年から営業しているクレジットカード現金化業者です。
現金化業界は競争が激しく、10年以上営業を続けている現金化業者は、それだけの信用があると言えます。

しかしその一方で、ジオンカードの口コミ評判はあまり良いものではありません。
その理由について調べてみると、ジオンカードには利用者が使いづらいと感じてしまうポイントがあったんです。

利用する前に、是非参考にしてみてください。

ジオンカードの特徴

ジオンカードの特徴

ジオンカードのメリット

ジオンカードのメリット

まず、ジオンカードのメリットについて解説していきます。
メリットは主に以下の2つです。

  • 2つの現金化プランから選べる
  • 各種手数料をジオンカードが負担

この2点のメリットについて、更に詳しく見ていきましょう。

2つの現金化プランから選べる

ジオンカードでは、「オンライン即日コース」「オンライン1WEEKコース」の2つの現金化プランを選ぶことができます。
それぞれに特徴があるため、1つずつ解説していきます。

オンライン即日コース
利用金額オンライン即日
1〜3万円以内70.5%
3〜5万円以内72.0%
5〜10万円以内73.5%
10〜20万円以内74.0%
20〜30万円以内75.5%
30〜40万円以内76.5%
40〜50万円以内80.0%
50〜75万円以内81.0%
75〜100万円以内82.0%
100〜200万円以内83.5%
200〜300万円85.0%
300万円以上〜お問い合わせください

オンライン即日コースがおすすめなのは、「入金スピードを第一に考える方」です。
銀行の営業時間内(平日15時まで)なら、最短30分で現金化することが可能です。

ただし、初めての現金化の場合には本人確認等に時間がかかるため、銀行の営業時間内より早い14時半までを目安に申し込むようにしましょう。

また、初回の利用に限り「20万円まで」のショッピング枠の現金化しかできないので、注意してください。

オンライン1WEEKコース
利用金額オンライン1WEEK
1〜3万円以内75.0%
3〜5万円以内80.0%
5〜10万円以内81.5%
10〜20万円以内82.5%
20〜30万円以内83.0%
30〜40万円以内84.0%
40〜50万円以内85.0%
50〜75万円以内85.5%
75〜100万円以内86.0%
100〜200万円以内88.0%
200〜300万円90.0%
300万円以上〜お問い合わせください

オンライン1WEEKコースがおすすめなのは、「換金率を第一に考える方」です。
オンライン即日コースよりも最大8%換金率が上がります。

ただそのかわりに注意してほしいのは、ジオンギフトは土日祝日が休日なこと。

土日祝日に申し込んだ場合は翌営業日扱いになり、振込日も受付日から数えて7日後となります。
例えば、土曜日に申し込んだ場合は、次の月曜日が受け付け日となり、さらに翌週の月曜日に入金されます。

また、受付日の7日後が祝日だった場合、入金されるのは祝日の次の営業日となります。
月曜日に申し込んで、翌月曜日が祝日の場合、火曜日に入金されるということですね。

もし、事前にお金が必要になることがわかっているなら、こちらのコースがお得です。
ただし、入金日の計算は間違えないように注意しましょう。

300万円まで現金化可能

300万円まで現金化可能

ジオンカードは、300万円まで現金化が可能です。

300万円も現金化しないよと思う方もいるかもしれませんが、何も現金化を利用するのは一般の方だけではありません。
中には自営業者などの経営者の方が利用する場合もあります。

経営の際に必要な資金を現金化で工面しようとする場合、高額な現金が必要になることも珍しくないでしょう。
300万円までの現金化が可能であれば、資金として十分な額を工面できる可能性も高くなります。

ジオンカードは、一般の利用者から経営者まで多くの方のニーズに合った現金化プランを用意してくれているんですね。

ジオンカードの会社概要

ジオンカードの会社概要
サービス名
ZION-CARD(ジオンカード)
創業・設立
平成17年度
最高換金率
90%
振込時間
最短30分
キャンペーン等
特になし
電話番号
0120-53-3902
メールアドレス
info@zion-card.net
所在地
東京都豊島区池袋1-7-24 4F
営業時間
平日10〜18時・定休日、土日祝日
運営責任者
北村 優
URL
http://zion-card.net/

ジオンカードの換金率

ジオンカードの換金率

ジオンカードは手数料がかからず、「換金率表通りの現金化ができる」と前述しました。

しかし、本当に換金率表通りの現金化ができるか「オンライン即日コース」で1万円の現金化に申し込んでみた結果、実際に提示された換金率は68%でした。

ここでもう一度、換金率表を見てみましょう。

ジオンカードの換金率表

確かに換金率表には、最低でも70.5%で現金化ができると記載されていますが、これでは表通りの換金率ではありませんね。

公式サイトに記載されている「キャッシュバック率からそのまま全額が現金化され、お振込みされます」という文言は、であることになります。

引かれる手数料としては小さいものの、元々の換金率表に提示されている換金率が低いだけに、これ以上手数料を引かれてしまうのは残念ですね。

また、現金化業者の換金率の相場は「70〜75%」と言われています。
この相場よりも下がってしまうのは、大きなデメリットだと言えるでしょう。

ジオンカードで現金化を利用する流れ

ジオンカードでの現金化の流れは、以下の6つのステップです。
全てメールで済ませることも可能なので、出先であってもバレる心配なく、手続きを進めることができます。

  1. 利用するカードのショッピング枠の残高を確認
  2. 公式サイトのオンラインお申し込みより申し込み
  3. 電話またはメールで折り返しの連絡、本人確認を実施
  4. 希望の現金化コース別に指定サイトでのカード決済で商品購入
  5. ジオンカードからの入金を待つ
  6. 「お振込み完了」通知を受け取る

申し込みは、基本的にオンラインの「お申し込みフォーム」にて行う形になります。
全てメールで手続きを行いたい場合には、「ご希望の連絡方法」をメールにしましょう。

本人確認にて提出が求められるのは、運転免許証などの身分証明証です。
スマートフォンなどで写真を撮って、画像のデータをジオンカードに送信することで確認をとることになります。
申し込み時には準備しておくとスムーズでしょう。

また、オンラインでのお申し込みは24時間受付ではありますが、営業時間(平日10〜18時)の間でないと、折り返しの連絡は来ません。
急ぎでショッピング枠を現金化がしたい場合には、必ず営業時間内に申し込みをするようにしましょう。

ジオンカードの注意点

ジオンカードの注意点

ここからはジオンカードを利用する前に知っておくべき注意点についての解説に移ります。

注意すべき点は、以下の5点です。

  • 申し込みフォームがSSL化されていない
  • 公式サイトがスマホ対応していない
  • 公式サイトの作りが荒い
  • 土日祝日は営業していない
  • ネットバンクに対応していない

更に詳しく解説していきます。

申し込みフォームがSSL化されていない

ジオンカードのオンライン申し込みのフォームを開くと、左上のURL欄に「保護されていない通信」という文字が表示されます。

※2018年12月現在、ジオンカードの申し込みフォームにて、SSL化が確認できました。

これは、セキュリティが甘いページであることを警告してくれている文言になります。

通常、住所や銀行口座などの重要な個人情報を入力するページは「SSL暗号化」と呼ばれるネットワークの暗号化がされています。
どうやって暗号化されているか調べるかというと、URL欄に「保護された通信」と付いているか確認するだけ。

例えば、老舗の優良業者である「おひさまクレジット」はSSL暗号化されたページを用意しています。

SSL暗号化がされていないページは、外部からのハッキングなどに弱く、セキュリティ面が弱いページになります。

セキュリティ面が弱いページに、クレジットカード情報などの重要な個人情報を入力してしまった場合、カードの不正利用につながるリスクが高くなります。
また、電話番号や住所などの情報である場合には、闇金融などからの勧誘の電話DMが来るようになったりなどのリスクもあります。

公式サイトがスマホ対応していない

公式サイトがスマホ非対応

ジオンカードの公式サイトを開くと、PCで見てもスマートフォンなどで見ても、同じデザインのサイトです。
これでは、画面が小さいスマートフォンなどで開いたら文字が小さくて読みづらいですね。

スマートフォンが日本で普及し始めてから約10年ほど経ち、現在ではパソコンでネットを見る人よりも、スマートフォンなどでネットを見る人の方が多くなりました。
その為、より利用者が使いやすいようにと、多くのサイトがスマートフォンなどでも見やすい専用のページを作っています。

しかし、ジオンカードの場合には今でもPC版のサイトしか用意されておらず、利用者の利便性を考えているとは言えません。
利用者のことを第一に考えていないという時点で、優良な業者とは言いづらいでしょう。

公式サイトの作りが荒い

作りの荒い公式サイト

また、公式サイトの作りが荒いことは、悪質な業者の特徴にも当てはまります。

悪質な業者は、長い間同じ業者名で営業を続けることは出来ません。
口コミなどで悪い評価が増えてしまうことで、利用者がいなくなってしまうからです。

その為、お金や手間をかけずに公式サイトを作って、ある程度営業して口コミで悪い評価が増えてしまったら、またサイトを消して新たにサイトを作る、の繰り返しで悪事を働いているんですね。

ジオンカードが悪質な業者であるという証拠はありませんが、それらに当てはまる特徴があるということは知っておくべきでしょう。

土日祝日は営業していない

土日祝日は営業していない

ジオンカードは、土日祝日は営業していないという点にも注意しましょう。

また、平日の営業時間そのものも10時〜18時と、普通に昼間勤務している方にとっては利用しづらい時間。
営業時間外でもオンラインでの受付はしているようですが、ネット型現金化業者の特徴であるいつでも利用できるという利点はありません。

とにかく急ぎで現金化をしたいという方は、他の優良店を探した方が良いでしょう。

ネットバンクに対応していない

ジオンカードはネットバンク非対応

また、ジオンカードの場合には、ネットバンクにも対応していません。

他の現金化業者は、一部銀行ではあるもののネットバンクに対応していて平日15時以降も入金対応が可能です。

しかし、ジオンカードのオンライン申し込みのフォームを見てみると「ネット系銀行は口座名義が確認出来ない等の場合がある為、ご遠慮下さい」と記載されています。

すなわち、営業時間内であったとしてもネットバンクには対応していないということなんですね。

使える口座が限定されてしまうのは、利便性が高いとはとても言えません。
最近はネットバンクも一般に普及しており、利用者も増えているので、大きなデメリットと言えるでしょう。

ジオンカードのネット上での口コミ

ジオンカードの口コミ

では、ここでジオンカードを実際に利用した方たちの口コミ評判をまとめてみていきましょう。
ここまで紹介した通り、悪い口コミが目立ちますが、少数ではありますが良い口コミもあった為、紹介していきます。

ジオンカードの良い口コミ評判

ジオンカードの良い口コミ
  • メールだけで現金化が出来たのは満足している
  • 換金率は低かったけど、確実に現金化できるのは良い
  • オンライン1WEEKならそこまで換金率も悪くない

ジオンカードの良い口コミ評判の特徴としてあげられるのは、消去法で「ここは良かった」という点をあげているというところ。
特に、入金スピードが遅くなることを覚悟するのであれば、換金率はある程度高くなるという口コミも目立ちました。

また、どうしても電話での現金化取引は嫌だ、という方や、以前に入金されないという詐欺にあったという方からすると、確実に入金してくれるジオンカードは比較的良い業者に感じたということでしょう。

ジオンカードの悪い口コミ評判

ジオンカードの悪い口コミ
  • 問い合わせの電話が全然繋がらず、入金まで時間がかかった
  • 換金率が低すぎて、もっと大手を選べば良かったと後悔
  • スタッフの対応が良くなかった

ジオンカードの悪い口コミ評判は、以上で紹介した3点についての意見が多かったです。
「入金スピード、換金率、接客態度」の3点に悪い評価が多いとなると、とても利用をおすすめできる業者とは言えません。

私が利用した際には、接客態度が特別悪いオペレーターではありませんでしたが、火のないところに煙は立ちません。
接客態度が悪いオペレーターがいる可能性はあるので、警戒は必要です。

また、入金スピードについても同様です。
申し込む日や時間によって電話が繋がりづらいことは十分考えられるので、注意しなくてはならないでしょう。

ジオンカードの総合評価

ジオンカードの総合評価

ジオンカードの総合評価をつけるとすると、以下になります。

「換金率が低い、使いずらい、接客態度が悪い」

見事に悪い評価で3拍子が揃ってしまいました。

換金率が低いことに加え、土日祝日が使いづらかったり、電話が繋がらなかったりと使いづらい口コミも多いです。
この時点で使う価値が薄いのですが、接客態度でも悪い評判が多いとなっては、使う理由はないと言っても過言ではないでしょう。

怖いもの見たさで申し込んでみる分には止めませんが、クレジットカード現金化が目的であれば、ちゃんとした優良店を利用することをオススメします。