チャージ済みのEdyを現金化する3つの方法

更新日:2019.01.25
現金化の方法

佐藤 隆道

Edyで現金化する3つの方法

こんにちは。現金化のプロの佐藤です。
Edyは、コンビニや商業施設で気軽に利用できる電子マネー。
そんなEdyで現金化することはできるのでしょうか。
チャージ済みのEdyを使って現金化する方法3つと、その他おすすめな現金調達手段をご紹介します。

Edyとは

Edyとは?

Edyは、正式名称を「楽天Edy」と言います。
2012年に運営会社が変わった為ですが、通称はEdyで呼ばれているのであまり気にすることはないでしょう。

Edyという名前は、Eはユーロ(Euro)、dはドル(Dollar)、yは円(Yen)の頭文字からつけられており、第4の通貨として流通してほしい、という思いが込められています。

ちなみに、Edyは2000年代に入ってから急速に日本に普及し、現在では1億枚を突破
交通系ICカードを除く電子マネーの中で、日本での普及率は堂々の第一位です。

今でもEdyは更に提携先を広げており、クレジットカード一体型や、キャッシングカード一体型なども登場しているので、これからもどんどん利用者は増加の一途をたどっていくでしょう。

チャージ済みのEdyを現金化する3つの方法

Edyを現金化する3つの方法

さて、日本で一番普及している交通マネーであるEdyを、現金化するにはどんな方法があるのでしょうか。
まずは、すでにチャージ済みのEdyを現金化する方法について紹介します。

  • Edyで換金率の高い商品を買って転売する
  • Edyで商品を購入後、返品する
  • Edyを買取専門店に買い取ってもらう

方法①Edyで高換金率の商品を買って転売する

Edyを現金化する方法①

まず一番最初に考えられる方法としてあげられるのは、Edyで換金率の高い商品を買って転売する方法です。

換金率の高い商品といえば、真っ先に思いつく金券類ですが、残念ながらEdyでは金券類を購入することはできません。

Edyで購入できる換金率の高い商品としては、ブランド品などや家電製品などでがあげられます。
買取ショップに持ち込んだり、メルカリやネットオークションなどで転売すれば、Edyのチャージ分を現金化できます。

ただし、思ったよりも高値で売れなければ損をしてしまうことになりますので、購入商品や売却方法は慎重に吟味する必要があるでしょう。

このため、Edyを現金化したいと考えている方の中でも特に、時間に余裕がある方におすすめです。

Edyで購入できる商品は限られている

Edyで購入できる商品は限られている

ただし、Edyは購入できる商品が限られているので、転売で利益を得ることが難しいという弱点があります。
先述したように、商品券や新幹線回数券などの金券類は一切Edyで購入することが出来ないので、需要と供給、流行などを判断して、自力で高値で売れる商品を探さなくてはなりません。

さらに、そもそもEdyが使えるかどうかというのも店によって分かれるので、換金性の高い商品の購入するためには、かなりの制約があることになります。
いくら日本で一番普及している電子マネーといえど、クレジットカードなどに比べれば、Edyを利用できるお店はまだまだ少ないです。

Edyが使えるお店は、レジ付近に楽天Edyという表記がしてあるはずなので、それを確認してから商品を探すようにしましょう。

方法②Edyで商品を購入後、返品する

Edyを現金化する方法②

Edyで購入した商品を転売するのではなく、そのまま返品するという手段もあります。 電子マネーで購入した商品を返品すると、購入代金を現金で払い戻しされる場合があるからです。

ただし、電子マネーの払い戻しや自己都合での商品の返品は、店舗の規定によって異なります
不良品以外の返品を受け付けていないお店や、Edyの会社と連携してEdyに戻すなど、対応は店によって様々です。
電子マネーの払い戻しを現金で行っている有名なチェーン店としては、ドン・キホーテなどがありますが、やはり各店によって違う方針をとっている可能性もあるので、一概には言い切れません。

この方法を使ったEdyの現金化は、成功すれば換金率は100%ですが、失敗すると利益は0どころかむしろマイナス
博打的な方法なので、一か八かで高換金率を狙いたいという人には向いているかもしれませんが、店員さんに迷惑をかけるという点で倫理的な問題もありますから、あまりおすすめできません。

方法③Edy自体を専門店に買い取ってもらう

Edyを現金化する方法③

上記で紹介したように、自分でEdyの現金化を行うのが怖いという方には、Edy自体を買取専門店に買い取ってもらうという方法がおすすめです。
この方法なら、自分で商品を購入せずとも、簡単に現金化をすることができます

Edyの買取業者は基本的に、ネットで営業していますので、検索してみてください。

業者選びの際には「業者名+口コミ」で検索をかけることもお忘れなく。

「換金率が低かった」「接客態度が良くなかった」等の口コミばかりなところは避けたほうがいいですし、逆に高評価の口コミで埋め尽くされているのも不自然ですので、注意が必要です。

口コミでイマイチ情報が集まらない場合や、確信が持てない場合には、実際に業者に電話をして接客対応などを確認する方法もあります。
少しでも多くEdyで現金化できるように、納得できる業者を選びましょう。

Edy自体の買取は、換金率が60%前後

Edyの換金率は60%前後

ただしこの方法は、換金率は60%前後と、低いのが難点。

元々Edyは使えるお店や使える商品が限られている為に、買取専門店も利益が出しづらく、換金率が低くなりやすいんですね。

しかし、業者選びさえ間違わなければ、自分で転売や返品する方法と違って大きな失敗はありませんし、時間も手間もかかりません。
このため、Edyを安全に現金化したいという人には、おすすめの方法といえるでしょう。

Edyは5万円までなら、クレジットカードからチャージできる

Edyのチャージは5万円まで

さて、ここまで既にチャージ済みのEdyを現金化する方法について紹介してきました。
が、中には、そもそもEdyの中にお金が入っていないという人や、欲しい金額まで、チャージ額があと一歩届かない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Edyは、5万円までならクレジットカードからでもチャージが可能です! 空のEdyしか持っていなくても、クレジットカードさえあれば、Edyを使った現金化が可能なんですね。

しかしそれは裏を返せば、空のEdyしか持ってない場合、5万円以上の現金化はほぼ不可能だということ。
すでにチャージ済みのEdyに、クレジットカードからのチャージ分を足さない限り、Edyを使って高額の現金化はできません。

クレジットカードがあるなら、現金化業者が便利

クレジットカード現金化は効率的

ここまで、Edyを現金化する方法とその注意点について解説してきました。
しかし、もしEdyをチャージできるようなクレジットカードを持っているなら、実はそのクレジットカードを現金化する方法が便利です。

クレジットカード現金化であれば、Edyにわざわざチャージする必要がなく、クレジットカード1枚だけで現金化を作ることが可能

さらに、クレジットカードからEdyへのチャージは、5万円までしかできませんが、クレジットカード現金化であれば、それより多くの現金を調達することができます。

ただし、全てのカード会社は、転売目的で商品を購入することを禁止していますから、Edyの現金化のように、クレジットカードで換金性の高い商品は購入することは危険です。

そこでおすすめしたいのが、プロのクレジットカード現金化業者に依頼すること。

Edyの買取業者の換金率が60%前後なのに対して、クレジットカード現金化業者は、70~85%
特に当サイトがおすすめしている、高換金率が売りのおひさまクレジットであれば、80%以上はほぼ確実です。

身分証とクレジットカードさえ手元にあれば、ネット申し込みで1時間程度で現金が振り込まれますよ。

おひさまクレジット

公式サイトはこちら

オススメのクレジットカード現金化業者

Edyよりおすすめの現金化業者

優良なクレジットカード現金化業者であれば、Edyよりも高換金率かつ安全に現金を調達することができます。
おひさまクレジットの他にも、優良なクレジットカード現金化業者を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシュチェンジ

キャッシュチェンジ

キャッシュチェンジは、お得なキャンペーンを多数行っている現金化業者。
特に、初回利用で最大3万円のプレゼントというのは見逃せないキャンペーンですね。
また、土日であってもネットバンクを利用することで、即日で現金化が可能なんです。
Edyでの現金化でなるべく早く多くの現金を調達しようとしていた方にぴったりの業者だと言えるでしょう。

公式サイトはこちら

安心くん

安心くん

安心くんは丁寧な接客が売りのクレジットカード現金化業者です。
更にキャンペーンも豊富で、今なら「全国共通商品券プレゼント」も行っているので、少しでも多くの現金を調達したいと考えている方にとってはぴったりの業者だと言えるでしょう。
入金スピードは最短10分なので、Edyで現金化をするよりも早く現金を調達することが可能です。

公式サイトはこちら

まとめ

Edyは現金化には不向き

今回の記事では、Edyで現金化する方法注意点について解説してきました。

しかし、結局すでにチャージ済みのEdyは現金化するよりも、自分で生活費として使い切った方が換金率も100%でお得です。 Edyに対応しているスーパーやコンビニなどであれば、食材費として活用することが可能ですから、なるべく使う方法にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか。

そのかわりに、現金調達はクレジットカードのキャッシングなど別の手段を検討しましょう。

もし、カードにキャッシング機能がついていなくても、クレジットカード現金化なら、Edyの現金化よりも高換金率でお金を手に入れることができますよ。

それでは最後に、Edyの現金化について簡単にまとめてみましょう。

  • チャージ済みのEdyは、購入商品を転売、返品することで自分で現金化できる
  • 専門の買取業者を使って Edy自体を買い取ってもらうこともできるが、換金率は60%前後と低め
  • Edyのクレジットカードからのチャージで限度額は5万円
  • Edyで現金化をするより、クレジットカード現金化の方が効率的かつ高換金率

Edyは、チャージできる金額や、使えるお店に制限があるので、現金化しづらいという実情があります。

その点、クレジットカードを使った現金化であれば、チャージは必要ないですし、短時間で高換金率を狙うことができます

当サイトでは、この記事で紹介した現金化業者の他にも優良な業者を多く紹介しているので、自分に合った現金化業者を探してみてください。