クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

お米券でクレジットカード現金化する方法とは?

更新日:2019.03.26
現金化の方法

佐藤 隆道

お米券

主に、お中元やお歳暮の贈答品として、あるいは株主優待券の一種として送られることの多いお米券。
セブン&アイの商品券や百貨店商品券など馴染みのある商品券と違って、貰って初めてその存在を知ったという人も多いのではないでしょうか?

その名の通り、基本的にはお米を買うことを目的に作られた商品券なので、小食な方や、自炊しない人などは、現金に換えたいことでしょう。

そこで今回は、お米券をお得に現金化する方法について説明!
現金化だけでなく、お米券活用できる意外な利用方法についても紹介します。

お米券とは

お米券とは?

おこめ券とは、全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)が、昭和58年に発行した商品券。
2018年11月で発行から35周年を迎えた、お米に対して利用できる商品券です。

現在世に出回っているお米券の種類は、お米1kgあたり440円分の価値がある現行券と、1kgあたり540円分の価値がある旧券の2種類です。

例えば、現行券なら10枚で4400円分の価値があるので、10kg4500円のお米を買うと100円ぶんのお釣りが返ってくる計算になります。

使用期限はありません。

お米券を現金化する方法

お米券を現金化する方法

金券ショップで売る

金券ショップでお米券を換金

お米券の分類は金券類なので、金券ショップで現金化することができます。
例として、大手チェーンの金券ショップ「大黒屋」での買取レートを見てみましょう。

券名買取価格換金率
440円券420円95.4%
540円券520円96.2%

換金率を左右する要因としては、売却店舗が都市部と地方か、折り目や汚れなどの保存状態が挙げられますが、この他どの金券ショップでも、平均85%〜90%前後で買取っています。
また、大黒屋は例外ですが、現行のものと比較してギフトとして適さない旧券は、若干換金率が下がるのが一般的なようです。

ネットオークションで売る

お米券をネットで売る

贈答品とすることを目的に購入されること多いお米券。
百貨店や大手ショッピングモール、スーパーなどで売られているお米券ですが、その販売価格は500円
利益をあげるために、1枚あたり額面440円に対して60円手数料が加算されています。

このため、正規の販売額500円より安い金額でオークションサイトに出品すれば、少しでも安くお米券を購入したいという人が落札してくれるかもしれません。

ただし過去の取引を眺めていると、なかなか額面440円以上の値段をつけたものが落札されるのは少ないようです。
さらに、オークションサイトへの登録手数料、出品手数料などを含めると、換金率は80%前後まで落ち込むでしょう。

また、ギフト用に購入する人が多いので、旧券の場合は売れ残る可能性が高いです。

現金化よりもお得!お米券の意外な利用方法

お米券が使える場所

お米をあまり購入しないという人は、現金化に向かってまっしぐらということが多いのですが、ちょっと待ってください。

物品を現金化するときは、ほぼ確実に100%を下回ってしまうことを考えると、自分で額面を全て使い切った方がはるかにお得だと思いませんか?
お米券という名を聞くと、お米にしか使えないのかな…と思いがちですが、実はお米以外にも使える場所があるんです。

例えば、大手チェーンのドラッグストアやドンキホーテなら、お米に限らず全ての商品に対してお米券を使うことが可能です。
生活必需品を購入すれば、金券ショップやオークションサイトに支払う手数料もなく、換金率100%です。

その他、一部店舗は不可能ですがなんと、ファミリーマートやお弁当やのほっともっと、さらには東横インでは一部期間、宿泊代としても利用できるんです。
「お米券 使用可能店舗」と検索すれば、店舗一覧がずらっと並んだサイトが出てくるので、ぜひ参考にしてみてください。

お米券を利用したクレカ現金化はおすすめできない

お米券を使ったクレジットカード現金化

最後に、クレジットカードのショッピング枠を現金化する商品として、お米券に目をつけている方に向けてお話をしたいと思います。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードで購入した商品を転売して、現金を手にいれること。
クレジットカードの支払いは基本的に翌月かそれ以降なので、カード払いした商品を質屋などに持ち込んで換金し、キャッシングの代用とするわけです。

しかしカード会社としては。勝手に借金代わりにショッピング枠を使われてはかないません。
そこでカード会社はクレジットカード現金化において、よく利用される商品、いわゆる換金率が高い金券類やブランド品などのカード決済には目を光らせています。

その点、普段馴染みがないお米券は、少しマイナーなようにも感じられ、もしかしたらカード会社にバレないのでは?
と思うかもしれませんが、そこは腐っても金券類。

お米券は公式サイトからカード購入することができますが、キャッシング枠をぎりぎりまで使い込んでいる人や、普段カードをあまり使わない人の場合は、すぐに現金化を疑われてしまうでしょう。
現金化がバレた場合、カードは利用停止となってしまいます。

こういったリスクにくわえて、金券類の中では換金率もそれほど高い方でもなく、購入に対して手数料がかかることを考えると、お米権を使ったクレジットカード現金化は賢明な判断ではありません。

まとめ

いかがでしたか?
目にする機会こそ少ないものの、生活に欠かせないお米を購入するのに便利なため、一定数の需要があるお米券。
そんなお米券を現金化する方法と意外な有効活用方法についてみてきました。
それではここで学んだ知識を、いま一度振り返ってみましょう。

  • お米券は金券ショップで平均85〜90%の換金率で買取可、現金化できる
  • 旧券である540円券や状態の悪いもの、地方の金券ショップで売った場合は、換金率が下がる
  • お米券は正規の販売額500円よりも安い値をつければ、オークションサイトでも売れる
  • お米券は現金化するよりも、ドラッグストアなどで生活必需品にも購入したほうがお得
  • お米券を利用したクレジットカード現金化は、リスクに割に採算が取れない

一見利用するシチュエーションが限定されているように思われるお米券ですが、意外にもドラッグストアやドンキホーテで利用できます。
生活必需品の購入に使えば、実質的に換金率は100%ですから、転売するくらいなら自分で使い切ることをおすすめします。

困った時の現金調達は、現金化業者に相談しよう

現金化業者に相談

手持ちのお米券は、転売するよりも自分で使った方がお得。
お米券を使ったクレジットカード現金化は、カード会社にバレるリスクが高い。
このような事実を知って、八方塞がりな気持ちになって落ち込んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そのように、お金がなくて悩んでいる方におすすめなのが、クレジットカード現金化業者の存在です。

クレジットカードのショッピング枠現金化を自分でするのではなく、専門の業者に依頼して行う方法で、最短30分でその日のうちに現金が手に入ります。
その道のプロが手続きを代行してくれるので、カード会社にバレる心配も一切ありません。

換金率も、下記で紹介する優良店であれば、お米券を自分で現金化するよりも高い、85%前後で取引できますので、無料見積もりをもらって、検討してみてはいかがでしょうか。

おひさまクレジット

おひさまクレジット

競争の激しい現金化業界で、創業12年を誇るクレジットカード現金化業者。
入金スピードも業界最速レベル、何より8行ものネットバンクに対応していますので、平日深夜、土日祝日でも現金が調達できます。
老舗ならではの安全性と、きちんと利益を出し続けてきたからこそ成せる高換金率が魅力です。

公式サイトはこちら

ライフ

ライフ

ほんのちょっと現金が足りないだけなのに、信用情報に跡が残るキャッシングの新規契約をするのは悔しいですよね。
そんな方にオススメなのが、最小1万円からの少額利用が可能なライフ。
業界での女性支持率No.1なので、旦那様に内緒で少しだけ資金調達をしたいという奥様にもおすすめです。

公式サイトはこちら

トレンドクレカ

トレンドクレカ

初めてのクレジットカード現金化は、誰でも不安でいっぱいです。
そんな利用者の心に寄り添い、「お客様第一主義」をモットーに丁寧な接客を徹底しているのがトレンドクレカ。
懇切丁寧なだけでなく、きちんと業界平均を上回る高換金率なので、全体的に安心感を求める方におすすめです。

公式サイトはこちら