新幹線回数券でクレジットカード現金化する方法

更新日:2019.10.30
新幹線回数券でクレジットカード現金化する方法

新幹線回数券は、高換金率が期待できる一方で、カード会社に目をつけられている商品でもあるので、クレジットカード現金化するにはコツがいります。 最後に、カード会社に疑われるのが怖いという人のために、安全に現金化する方法についても紹介するので、是非見ていってくださいね。

新幹線回数券をクレジットカード現金化する方法

新幹線回数券を現金化するのは簡単

新幹線回数券をクレジットカード現金化する方法自体はとても簡単!

JRのみどりの窓口に行って、新幹線の回数券をクレジットカード購入します。
あとは、そのチケットを金券ショップに持ち込んで、買い取ってもらうだけです。

昔の現金化の方法
昔は、カードで購入した新幹線回数券を
「間違って購入してしまった」
と駅員さんに訴えれば、現金で返金してくれました。

しかし現在では、カード購入したチケットの裏には「C」というマークが刻印され、返金処理も、カード内の決済キャンセルという形で行われるようになったので、この方法は使うことができません。

クレジットカード現金化で高換金率を狙うコツ

クレジットカード現金化で高換金率を狙うコツ

新幹線回数券のクレジットカード現金化を高換金率で行うためには、いくつかのコツがあります。

人気区間を購入する

①人気区間を購入する

新幹線回数券は、区間によって買取価格が異なります
東京ー新大阪間などの人気区間では、90%前後の換金率で売ることができますが、同じ東京発でも、行き先が仙台だと80%程度まで落ちてしましまいます。

このように、物の価格は需要によって決まるので、なるべく高値で買い取ってもらえる人気区間の新幹線回数券を購入しましょう。

買ったらすぐに売る

新幹線回数券はすぐに売りに行こう

新幹線回数券には、使用期限があります。
この期限までの時間が長ければ長いほど換金率は高くなり、逆に期限が迫っていると買取価格は低くなります

期限まで余裕があればそのぶん、新幹線回数券が欲しいという人は増えるので、需要があります。
逆に、新幹線を利用する直前になってから新幹線回数券を買う人はあまりいないので、期限ギリギリのチケットは需要がありません。

特に期限が1ヶ月を切ると、著しく価値が下がるので、新幹線回数券はなるべく、買ったその日のうちに売却するようにしましょう。

新幹線回数券での現金化は危険?!

新幹線回数券での現金化は危険?

新幹線回数券は高換金率なぶん、今まで人々にクレジットカード現金化の商品として利用されてきました。 その結果、カード会社は新幹線回数券のカード購入について取り締まりを強化。 現金化目的での利用でないか、監視の目を光らせているので注意が必要です。

現金化がバレるとカードは使えなくなる

現金化がバレるとカードが使えなくなる

利用者のカード利用履歴、現金化や第三者の不正利用を防ぐために、カード会社によって管理されています。

普段のカード利用状況と照らし合わせて不自然な動きがあれば、それ以上の被害を防ごうとシステムが働き、カードは自動的に利用停止となるのです。

いつもは全くカードを利用しない人が、急に新幹線回数券など換金性の高い金券類を購入したら、すぐに換金目的のカード利用だとバレて、止められてしまうでしょう。

後々かかってくるカード会社からの電話で、うまく現金化の嫌疑を晴らせなければ、事態はさらに悪化。
クレジットカードの強制解約や、未払いの利用残高の一括請求など、さらなる不幸がのしかかってきます。

1枚のカードが強制解約になれば、その記録は信用情報に残ります。
そうなれば、その情報を閲覧した他のカード会社からも、芋づる式に利用停止や強制解約を求められる場合があり、結果的にカードが使えなくなる危険性があるのです。

安全に現金化できる業者はこちら

カード会社に現金化がバレないためには?

カード会社に現金化がバレないためには?

新幹線回数券は、特にカード会社に警戒されやすいクレジットカード現金化の商品です。
カードが利用停止にならないよう、きっちり対策を練っておく必要があります。

不自然な購入をしない

不自然なカード購入は避けよう

カード会社は、普段のカード利用と比べて不自然な決済を、現金化や第三者の不正利用を疑うきっかけにしています。

このため、いくら人気区間の新幹線回数券が高換金率だからといって、自分の住んでいる地域と全く関係ない区間を購入するのは危険!
カード会社は、利用者の住所等も把握しているので、不自然な路線購入は疑念を買うことに他なりません。

たとえば、東京や大阪近辺に住んでいないのに、東京新大阪間の回数券を購入するのはどう考えても不自然でしょう。

カード会社から電話がかかってきても言い訳できるよう、自分の住んでいる地域に1番近い新幹線の駅を、発着駅とするのが安全です。

同じように、急に新幹線回数券を大量に購入するのも、タブー。
どんなに高額な現金化を望んでいたとしても、1冊分(6枚綴り)にとどめておきましょう。

カード会社への言い訳を考えておこう

カード会社への言い訳を考えておこう

新幹線はもともと遠方への便利な移動手段。
誰がいつ必要になってもおかしくないものなので、いくらクレジットカード現金化に使われやすいからといって、切符1組買った程度で疑われることはまずありません。

でも、新幹線回数券を買うということはなんども新幹線に乗る必要があるということですから、それなりの理由を準備しておく必要があります。

カード会社から確認の電話がかかってきた時のために、出張遠距離恋愛など、さらっと理由を言えるようにしておきましょう。

少しでも答えに詰まったり、あやふやな回答をしたりすれば、カード会社から現金化を疑われる原因になります。

新幹線回数券のコピーをとっておこう

新幹線回数券のコピーをとっておこう

クレジットカード現金化を疑われた場合、カード会社からFAXなどで購入した新幹線回数券のコピーを求められることがあります。

すでに転売して手元にないかどうかを疑っているため、早い話が、「換金目的でない証拠を見せろ」ということですね。

ここまで言われるということは、正直状況的にはかなり追い詰められているので、コピーを見せない限りは利用停止強制解約のリスクを免れないでしょう。

万が一の時のために、必ず新幹線回数券のコピーをとっておきましょう。

クレジットカード現金化業者なら、高換金率かつ安全

現金化業者なら安全かつ高換金率

新幹線回数券を使ったクレジットカード現金化は高換金率ですが、ほぼ確実にカード会社に疑われるというのがネック。 そこで、新幹線回数券と同じくらいの換金率を保ちながら、安全に現金化ができる、いいとこどりのような方法はないのでしょうか?

クレジットカード現金化業者の優良店に依頼すれば、高換金率と安全性の両方を兼ね備えた現金化が可能です。

業者?どうせ手数料をとられるんでしょ…と思うかもしれませんが、ここでポイントなのは現金化業者の優良店というところです。

確かに、クレジットカード現金化業者の換金率の相場は、70%〜80%と、新幹線回数券に比べて劣っています。

しかし、マネーリサーチが紹介する高換金率のクレジットカード現金化業者なら、85%以上という、ほぼ新幹線回数券の現金化と変わらない換金率で取引ができるんです。

ほんの5%でカードと自分の安全を守ることができるなら安いものですよね。

カード会社にいつバレるかびくびくする必要も、みどりの窓口や金券ショップに足を運ぶ必要もありません
スマホで5分でネット手続きすれば、その日のうちに現金が振り込まれます。

今すぐ現金化する

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

新幹線回数券を使ったクレジットカード現金化は、ハイリスクハイリターン
高換金率ですが、そのぶんカードの利用停止強制解約リスクなども大きいです。

プロのクレジットカード現金化業者なら、そういった心配なく、新幹線回数券を使った時とほぼ同等の換金率で、安全に現金化することができますよ!