クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

Amazonギフト券の買取とは?

更新日:2018.11.19
現金化の方法

佐藤 隆道

Amazonギフト券を買取サイトで換金

Amazonギフト券の買取は、クレジットカード現金化で近年頻繁に用いられている換金方法です。

新幹線回数券や商品券などの決済がカード会社によって厳格に監視されている今、現金化に有効な電子マネーとして重宝されています。

コード番号さえあれば実物がなくても簡単に取引できて、換金率も高く安定しているので、とても利便性に富んでいます。

Amazonギフト券の買取サイトに申し込めばスタッフの指示に従うだけなので、知識のない方でも気軽に利用できて嬉しいですよね。

ただ、初めてAmazonギフト券の買取に目をつけた人にとっては、

Amazonギフト券のどんな種類を選べばいいの?
Amazonギフト券の買取サイトってどうやって利用するの?
わざわざAmazonギフト券を換金するメリットはあるの?

と、様々な点が分からず、不安を感じている方も少なくありません。

そうした疑問に答えるべく、今回はAmazonギフト券の買取について基礎からまとめていきたいと思います!

買取前に!Amazonギフト券の購入場所とは?

Amazonギフト券を買う場所

Amazonギフト券の買取で現金化をするためには、まず換金するためのギフト券そのものを用意する必要があります。

さらに現金化をする場合には、Amazonギフト券をクレジットカード決済で購入しなければいけません。

それぞれの販売場所でAmazonギフト券のクレジットカード決済が可能なのか以下で見ていきましょう!

Amazon公式サイト

まず考えられるのは、Amazonの公式ウェブサイトからの購入ですよね。

Eメールタイプや印刷タイプなど、現金化に最適なデジタル型のAmazonギフト券が購入可能で、クレジットカード決済も大丈夫。

購入手順も、Amazon公式サイトのギフト券販売ページから画面の手順に従うだけなので簡単です。

コンビニ

Amazonギフト券が買えるコンビニ

コンビニでも店頭のラックによくAmazonギフト券が並んでいます。

コンビニで購入可能なAmazonギフト券はカードタイプシートタイプの2種類。

カードタイプは店頭のAmazonギフト券をそのまま店頭に持っていくことで購入でき、シートタイプはLoppiなどのマルチメディア機器などから発券を行います。

コンビニでのAmazonギフト券購入は現金払いだけなので、クレジットカード決済での現金化には不向きですね。

ヤフーオークション

ヤフーオークションは、Amazonギフト券を出品可能な数少ないオークションサイトです。

Eメールタイプやコードのみといった様々な種類のAmazonギフト券を購入できます。

購入するにも出品するにも、クレジットカード現金化が可能なほどの高額な取引(5000円以上)になると、有料のプレミアム会員登録をしなければいけません。

Amazonギフト券のヤフーオークションでの換金率が出品者によって振れ幅が生じるため、購入先の選別は慎重になる必要があります。

Amazonギフト券売買サイト

Amazonギフト券は様々なサイトで、買取だけでなく販売も行われています。

様々な種類のAmazonギフト券に対応していることが殆どなので、現金化に最適なデジタルタイプももちろん購入できます。

額面よりも低い値段で購入できるため、クレジットカード現金化の際には余計な支出を抑えることが可能ですね。

クレジットカード決済の可能不可能はサイトによって異なるため、事前に目をつけたサイトの購入方法を確認しておきましょう。

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券の種類

ひとことでAmazonギフト券といっても、その種類は多種多様。

Amazonギフト券の種類から買取の際の換金率を把握しておくことで、どれが現金化に最適なのか判断が可能です。

Amazonギフト券の大まかな種類は4つ。

以下でそれぞれ具体的に見ていきましょう!

Eメールタイプ

EメールタイプのAmazonギフト券は名の通り「購入者のメールアドレスに直接コード番号が送られてくる」デジタルタイプのギフト券です。

カード等の現物を郵送する必要もないので、購入の際には最短5分で使用可能。

メール間でのやり取りで簡単に送りあうことができるので、買取サイトによっては最短5分で換金してくれます。

買取サイトでの換金率平均相場は85%と他のタイプよりも高いため、現金化には最も最適なAmazonギフト券と言えますね。

印刷タイプ

Amazonギフト券を印刷できるコピー機

印刷タイプはPDF形式のAmazonギフト券で、「購入者は手元に届いたデータを紙面に印刷する」デジタルタイプのギフト券です。

EメールタイプのAmazonギフト券と同じくデータでの受け渡しが可能なので、購入の際も最短5分で使用可能となります。

換金率も平均83%程度と高めで、買取にはもってこいですね。

シートタイプ

シートタイプはコード番号が実物の紙媒体に記載された紙面タイプのAmazonギフト券です。

Loppiなどのマルチメディア機器を指示通りに操作して発券するため、デジタルタイプのようにオンラインからの購入は不可能です。

扱いが他のタイプに比べて面倒なことから、買取サイトでも換金を受け付けないところもあるため、事前の確認が必須です。

もし買取ができたとしても、換金率としては平均77%程度と他のタイプよりも低く、クレジットカード決済での購入もできないため現金化には不向きと言えますね。

カードタイプ

カードタイプは名の通りプリペイドカードのような媒体にコード番号が記載された紙面タイプのAmazonギフト券です。

コンビニなどのラックにかかっているAmazonギフト券をそのままレジに持って行き購入します。

クレジットカード決済での購入が不可能なので、これも現金化には向いていません。

買取の際の換金率は平均80%とシートタイプよりは高めですが、流通な手軽なデジタルタイプと比較すると見劣りしますね。

Amazonギフト券買取の手順

Amazonギフト券の購入手順

Amazonギフト券の買取サイトでの換金手順は簡単で、以下の4ステップを踏むこととなります。

  1. Amazonギフト券買取サイトから申し込む
  2. 身分証による本人確認
  3. Amazonギフト券を送付
  4. 指定した銀行口座に入金される

ここから、買取の際のそれぞれのステップを具体的に見て行きましょう!

1.Amazonギフト券買取サイトから申し込む

パソコンからAmazonギフト券買取サイトに申し込む人

まずは、自身の利用した買取サイトの申し込みフォームに必要事項を記入します。

申し込みフォームの記入では、「氏名」「メールアドレス」「電話番号」など買取の際のやり取りに最低限必要な個人情報は必須です。

簡単な個人情報以外には、「買取回数」「Amazonギフト券の種類」「希望金額」など、買取業者側が知っておかなければならない情報をここで記入する必要があります。

2.身分証による本人確認

申し込みフォーム送信後は買取サイトから自動返信で本人確認のためのメールが送られてきます。

そこに必要事項を記入して、自分の所有している身分証明書の画像添付を行いましょう。

身分証は普段の生活で本人確認が求められる際と変わらず、「健康保険証」や「運転免許証」などを撮影して添付することになります。

買取サイトでの本人確認は初回申し込みのみで、2回目以降からは身分証の提示は必要ありません。

3.Amazonギフト券を送付

本人確認が済めば再度買取サイトからメールの送信があるため、そこで換金するAmazonギフト券のコード番号の画像を添付します。

買取サイトによっては、申し込みフォームに直接Aコード番号を入力することでAmazonギフト券の受け渡しを行います。

Amazonギフト券はカードタイプであってもコード番号だけの取引になるケースが殆どなので、実物の郵送を求められずとも、特に気にする必要はありません。

4.指定した銀行口座に入金される

指定した口座に入金されたお金を受け取る人

以上の換金のプロセスが終了次第、ご指定の銀行口座へ買取サイトから入金が行われます。

入金が完了すれば買取サイトから入金通知のメール連絡が送られてくるため、それを確認しましょう。

買取サイトからの入金は平均で30分程度かかります。

初回の申し込みでは本人確認が必要なため少し時間がかかってしまいますが、2回目以降はその工程が省かれるため、最短で5分程度での入金が可能です。

Amazonギフト券を買取サイトで換金するメリット

Amazonギフト券を買取サイトで売るメリット

ネットオークションへの出品や金券ショップでの買取など、Amazonギフト券の換金方法は様々。

にも関わらず、インターネット上でAmazonギフト券の買取サイトが増えているのは、ネットの買取だからこそのメリットがあるからなんです。

続いてはAmazonギフト券の換金で買取サイトを使うメリットを具体的に見ていきましょう!

換金率が高さがすごい

Amazonギフト券買取サイトのメリットは何と言っても換金率の高さ。

ネットオークションへの出品では安定した換金率の保証がなく、数値の振れ幅は把握できません。

金券ショップでの買取では対象となるAmazonギフト券もカードタイプに限られており、かつ換金率の相場も70%〜80%と低め。

しかし買取サイトでの換金であれば、Amazonギフト券の換金率は80%〜90%という高い相場で現金化が可能です。

パソコンやスマホさえあれば場所を選ばず利用できる

スマホで買取の申し込みをできて喜ぶ女性

買取サイトを利用するメリットで同じく大きいのは、パソコンやスマホさえあればどこでも申し込みができること。

Amazonギフト券の買取を行う店舗は限られており、一般的な金券ショップでは換金に応じてくれないことも少なくありません。

しかし買取サイトでの換金ならば、インターネット環境が整ってればスマホやパソコンから簡単に申し込むことが可能です。

実際に従業員の顔を見ずに取引したいといった方でも、ネット上での申し込みならば安心ですね。

24時間365日いつでも即日現金化できる

土日祝日や深夜帯でもすぐに現金化ができるのも買取サイトのメリットです。

利用者のお仕事によっては、土日祝日や深夜帯しか時間を空いていないとった方も少なくありませんよね。

買取サイトでの換金ならば24時間営業している業者も多いため、時間を考慮せずに取引が可能です。

申し込みから最短5分程度、遅くても即日中の入金が行われるため、急な出費にも対応してくれます。

ただ、平日15時以降、土日祝日での入金はネットバンキングでなければできません。

そのため、定期的にAmazonギフト券の買取をする場合には、ネットバンキングの開設をしておくのが有効です。

買取の種類が幅広い

金券ショップではカードタイプでしか換金を受け付けておらず、Eメールタイプや印刷タイプなどの現金化は不可能です。

しかし、買取サイトでの換金対象は主にEメールなどのデジタルタイプ。

買取サイトではカードタイプからEメールタイプに至る殆どの種類のAmazonギフト券に対応しています。

Amazonギフト券を買取サイトで換金するデメリット

Amazonギフト券を買取サイトに売るデメリット

Amazonギフト券の買取サイトにはたくさんのメリットが存在しますが、デメリットも少なからずあるんですね。

以下ではAmazonギフト券の買取サイトのデメリットを見ていきましょう。

Amazonやカード会社は換金を禁止している

Amazonやカード会社が換金を禁止するのを伝える男性

Amazonギフト券の換金で最も注意するべきデメリットは、Amazonやカード会社に現金化がバレてしまうこと。

AmazonではAmazonギフト券の換金行為を利用規約で禁じています。

また、クレジットカード会社の利用規約にも、換金目的での決済を禁止する項目が存在します。

Amazonギフト券を100万円分大量購入したり、売買サイトなどの正規ではないルートからAmazonギフト券を購入して利用したりと、換金をにおわせるような行動が頻繁に見られたとき、Amazonは所有者のAmazonギフト券を利用停止にしてしまうことも少なくありません。

また、Amazonギフト券も新幹線回数券や商品券と同じく現金化が疑われやすい金券類のため、カード会社からの監視も特に厳しいものと成っています。

クレジットカード決済で日頃の生活では使わないほどのAmazonギフト券を購入した際などには、カード会社から現金化が疑われてしまいます。

まず換金目的での決済が疑われてしまった際にはカード会社から確認の電話連絡が入り、そこで現金化が発覚してしまえばクレジットカードの利用停止処分が下されてしまいます。

明らかにおかしい決済の跡が伺えれば、電話連絡を飛ばしてクレジットカードの利用停止処分を下されてしまうケースも珍しくありません。

Amazonギフト券の換金はそうしたリスクを考慮した上で行うことが求められます。

Amazonギフト券詐欺を働く悪徳業者がいる

買取サイトの殆どが安全に取引可能な優良店ですが、中にはサービス提供にかこつけて、利用者からAmazonギフト券や個人情報を騙し取る悪徳業者も少なからず存在します。

不当な手数料を要求してお金を騙し取るケース

Amazonギフト券のコード番号を伝えたのに振込がなれないケース

本人確認で提示した身分証の情報をヤミ金業者などに売ってしまうケース

様々な手口が報告されているため、事前に買取サイトを見極めるのは必須です。

Amazonギフト券の悪徳買取業者の手口とは

Amazonギフト券の悪徳買取業者の手口

Amazonギフト券換金はそのデメリットの部分でも触れたとおり、Amazonギフト券の買取業者の中には利用者のコード番号や個人情報を不当に盗み取る悪徳業者が少なからず存在します。

安全にAmazonギフト券買取をを行うためにも、以下でそれぞれの手口を検分して対策を練っていきましょう。

当初の換金率よりも低い数値で取引を強要

定番のパターンとしては、初めに提示された換金率と実際の数値が異なるというもの。

例えば10万円分のAmazonギフト券を提示された際に平均的にかかる手数料は10%〜20%程度で、受け取れる金額は8万円〜9万円となるのが買取サイトの正しい相場です。

にも関わらず、最初は正しい相場で買取を確約しておいて、後から様々な理屈をつけて手数料を引いていき、結果4万円しか受け取れなかったというケースもあります。

手数料詐欺の場合には、最初にものすごく高い換金率をアピールして利用者を誘導することがあります。

また、具体的な換金率の数値を教えてくれないケースもしばしば。

もし怪しいと感じたら、買取サイトのスタッフにあらかじめ実際の取引時の換金率を質問してみましょう。

具体的な換金率をすんなり教えてくれれば優良店で、曖昧に濁すようであれば悪徳業者の可能性が高いです。

換金率表と数値を違うから詐欺、ということではない

あくまでも気をつけなければいけないのは、「必要最低限以上の法外な手数料を引かれて買取をされてしまうこと」の一点です。

買取サイトには大抵換金率表が記載されており、そこには90%といった高い数値が記載されていることも多いですよね。

実は買取サイトでは、換金率表に「最高値」を載せており、それは買取時期や利用回数などの様々な条件が前向きに重なった時のみに適応されるものなんです。

実際の取引時にはそこから手数料を差し引いた金額で換金がなされます。

買取サイトの換金率表から正当な手数料が引かれるのは、業者の収益分を考慮しての差し引きになるので問題はありません。

ギフト券番号を送ったのに入金されない

Amazonギフト券のコード番号を買取サイトへ送ったのに、いつまでたっても入金されないといった被害も報告されています。

これはAmazonギフト券のコード番号だけを盗み取る詐欺行為。

Amazonギフト券を盗まれた後は、買取サイトを見てみても既にそのサイトは存在せず、電話番号にも繋がらなくなってしまうケースが多いようです。

騙されないためにも、まずは買取サイトをよく見て優良店かどうか判断しましょう。

  • 集客率を上げる気力がない構成や装飾になっている
  • 架空の地図リンクや住所が記載されている
  • 電話番号が携帯のみ
  • 代表者名がフルネームでない

悪徳業者は詐欺を働いたらバレる前にサイトを潰して雲隠れし、再度新しいサイトを開設するというループを繰り返しているため、上記のような重厚な作りをしていない可能性が高いんです。

なんだかつくりがチープだと感じたら他のAmazonギフト券買取サイトを利用するようにしましょう。

個人情報の流出

個人情報が流失し、覚えのない業者から電話が来る

Amazonギフト券や金銭の奪取以外には、個人情報の流出も避けるべき悪徳業者の手口。

身分証の情報や電話番号は、ヤミ金業者などの顧客名簿として売られてしまうことがあります。

個人情報が流出してしまえば、ヤミ金業者からの不当な借り入れの強要が考えられます。

                                

例えば、

知らぬ間に銀行口座へお金が振り込まれていて、なぜか「金を貸しているから利子つけて返せ」と後日ヤミ金業者から謎の請求が来たり、

知らない電話番号から電話が来たと思えばヤミ金業者で、お金を貸りろと借入を強制されたり、

様々な被害が予想されるため、情報を提示する際には以下の点を確認しましょう。

  • 申し込みフォームやAmazonギフト券コード番号の記入欄がHTTPS暗号化されているかどうか
  • 申し込みフォームにクレジットカード情報やAmazonギフト券コード番号などの不必要な情報の記入欄があるかどうか。

HTTPS暗号化の有無は、WEBサイト上のURL冒頭にあるHTTPの後に「S」が付いていれば、その情報記入画面が流出防止のために保護されていることが分かります。

また、きちんと記入するべき情報がその取引時点で不要なものまで混じっているかないかまで、よく確認しましょう。

Amazonギフト券買取での注意点

Amazonギフト券を売る時の注意

Amazonギフト券は換金率も高く安定して、現金化には非常に有効ですが、注意点をきちんと把握していなければ、正常な換金ができなくなるケースがあります。

たとえ詐欺行為のない優良買取サイトを利用したとしても、それは同じ。

続いてはAmazonギフト券の買取での注意点を見ていきましょう!

有効期限が近いと換金率が低下する

Amazonギフト券には有効期限があり、だいたいは1年間と決められています。

買取サイトからすれば有効期限が近づいた状態で買取をしても、販売可能な期間は少なく、できたとしてもわざわざ購入してくれる人を探すのも困難ですよね。

そのため、Amazonギフト券の買取では、有効期限が近づいてしまうと、換金率が低下もしくは受け付けてもらえないといった事態も起こります。

Amazonギフト券は手に入れ次第すぐに買取サイトへ持ち込むのが有効です。

Amazonギフト券の種類によって換金率が変化する

Amazonギフト券の買取では、Amazonギフト券の種類によって換金率が異なってしまいます。

例えば、Amazonギフト券のEメールタイプや印刷タイプといったようなデジタルタイプのものであれば、データを送るだけで買取が成立するため扱いやすく、比較的換金率が高いです。

対して、カードタイプやシートタイプの現物がある紙面タイプのAmazonギフト券だと、データだけで完全に商品を取引することができないため、換金率が僅かに低下します。

Amazonギフト券の種類で換金率が変化する理由とは

紙面タイプのAmazonギフト券買取で換金率が低下してしまうのは、業者側に少しばかりのリスクがつきまとうからなんです。

Amazonギフト券の買取サイトでは、紙面タイプでもコード番号を画像で添付するだけで換金をしてくれるところも多いです。

しかし本来ならば、商品自体も郵送しなければ完全な商品売買として成立しませんよね。

商品売買という体裁が完全に整わなければ法的に商取引きの正当性が疑われてしまうため、紙面タイプの買取の場合、現物を送らないで換金に応じてしまうのは、本当はグレーな取引と判断されてしまいかねないんです。

                                            

事実、安全に買取をしたい優良店では、紙面タイプのAmazonギフト券の換金で実物を郵送しなくてはいけないケースもあります。

そのリスクも考慮して、Amazonギフト券の買取サイトではデジタルタイプをメインに買取を行い、紙面タイプの買取時には換金率を下げているということなんですね。

まとめ

Amazonギフト券を売ることのまとめ

今回はAmazonギフト券を買取サイトで換金する方法について詳しく解説してまいりました。

Amazonギフト券は流通がしやすく換金率も安定しているため、近年クレジットカード現金化に最適な商品として大活躍しています。

Amazonギフト券にも種類があって、それぞれの特徴によっては換金率に差が生まれるんですね。

買取サイトの利用手順も、申し込み後は身分証による本人確認を済ますだけで、あとはスタッフの指示に従うだけなので、とても簡単です。

最後に今回の記事の要点を振り返っていきましょう!

  • Amazonギフト券はクレジットカード現金化に最適な高換金率商品
  • Amazonギフト券は「Eメールタイプ」「印刷タイプ」「シートタイプ」「カードタイプ」の4種類
  • 買取サイトでは申し込み後コード番号を添付するだけで換金できる
  • 買取サイトは土日祝日深夜でも場所を選ばずに利用可能
  • 買取サイトは申し込み後最短5分、遅くても即日中に入金される
  • 買取サイトの中にも詐欺行為を働く悪徳業者がいることを忘れてはいけない
  • Amazonギフト券の換金はAmazonやカード会社の利用規約違反
  • 優良店であれば安全に買取サイトを利用可能

いかがだったでしょうか。

Amazonギフト券の買取サイトの中には詐欺行為を働く悪徳業者がいることも確かです。

また、Amazonギフト券の換金はAmazonの利用規約で明確に禁じられており、もちろんAmazonギフト券を現金化目的でカード決済することも禁止事項となります。

様々なリスクがあることも考慮した上で、安全にAmazonギフト券を換金するためには、正当な取引をしてくれる優良買取サイトを利用することが1番。

正しい知識を身につけて、安全にAmazonギフト券の買取を行いましょう!